えんじょい工房 へようこそWelcome to Enjoy Kobo

ティーエムピー・ネットマガジン『えんじょい工房』【Vol.162 2017.05.10いきなりの夏だ?!

 浜茄子(はまなす)
  はまなすといえば、『知床旅情』ということになるのかもしれないが、あるサイトのお蔭で失礼ながらこんな“忘れられた”曲に出会い、 すっかりはまってしまった。
 「潮風の吹く町」作詞:なかにし礼、作曲:浜 圭介、歌 :森田由美恵▽ふるさとは 遠い北の果て 潮風の吹く町▽荒れた手をして 網をあむ  小さな母の肩▽浜なすの花が 咲く頃に 帰ろうと思いながら 二年が過ぎた
 昭和48(1973)年ごろの作品だというが、当時は個人的にもそれどころではなかったか、曲そのものにも歌い手にも全く憶えがない。それはさておき、“はまなす” というのは、北方面の厳しい自然環境にこそ相応しいのかもしれない、西国生まれとしてはイメージとしてはあくまでも幻の花である。後のこと、 北原ミレイがカバーしているが、さすがに2番の「許してね私 悪い子ね」という箇所が「許してね私 親不孝」ということになっていた。

『点と線と面』Column...

   不愉快と不適切と不倫と不戦の誓い

 或る話題に飽きて、取扱いが緩慢になって、それが片付かないうちに次の“いろいろ“があって、注意、関心が散漫になり、 やがて全てが有耶無耶になってしまう、それが世の常だなどと、誤魔化しては、あるいは誤魔化されてはならない、諦めるなど言語道断で、 看過できない状況が複雑に絡み合ってまとわり着いてくるが、決して目を瞑ってはいけない。より大きなものの影に隠れて逃げ切ってしまう“不手際” “不始末”が多すぎる。結局のところ、その軽さ故に免罪符とまではいわないが、それらがどうでもいいこととして“執行猶予”のまま遣り過ごされてしまうのでは、 伝えられる側としてみればいかにも救いがない。過ぎたるは猶及ばざるが如しなどと悠長なことは言っていられない、せめて駄目なものはダメ!嫌なことはイヤ! ぐらいの基本的な認識くらいは持っておくべきだろう。ミサイルのことなど見たくも聞きたくもないとテレビのチャンネルを替えると“平和ボケ”と非難されるし、 かといって過敏に反応することが果たして適切な対応なのか、それにも疑問が残る。むしろ情報をもう少し整理してくれないかと切に言いたいし、 垂れ流しの諸々を取捨選択するのは“自己責任”だと突き放されても困るばかりだ。片寄らないことは情報発信にとって必要不可欠の大前提だが、 明快(単純ということではない)であることも忘れてはならない。 ≪K2017-05≫

更新情報e-space magazine

2017.05.10
ティーエムピー・ネットマガジン『えんじょい工房』2017年5月号(Vol.162)をアップしました。
ニュース・リリース』はこちらから!
2017.05.10
『四季TMP』2017年5月を更新しました。《今年も、5月は国領神社の『千年乃藤』》
『ニュースリリース』に動画版を掲載中!
2017.05.18
“広告のない!”ブログ『えんじょい工房-TMP』を開設しています。時々記事を追加しています。
2017.01.10
マンホールのふた
調布市公認?!「マンホールのふた」はこちらから!
2017.01.01
TMPの切手帳
第6回「奇跡の1枚を切手にしたら」はこちらから!
2016.07.10
『マイ シネマ ハウス』(プログラムコレクション)、鑑想記と連結作業中!
★プログラムがない『鑑想記』だけのページを設置しています。

TMP アーカイブ

Copyright(C) 2013.01.01 Enjoy-Kobo=TMP Tokyo Office All Rights Reserved.