2021.11.10 Vol.216⇒[総合案内]

沈黙は“共犯者”
 2021年にノーベル平和賞を受賞したジャーナリストのひと言である。選挙、ひとりくらいが頑張ったところで世の中変わるものかと諦めて… そんな人がおよそ全体の半数近くもいて、結局のところ、そんな参加せぬ者、意志を持たぬ(表に出さない)者がかえって世の動きを左右してしまうことになる。変化も停滞も無い、とにかく惰性を許し、臭いものには蓋をし、困難を伴うかもしれないが流水を拒んで淀みの中でたただ漂うのみ、まさに深い闇である。
 緊張を嫌う意識が世の中を席巻し、それを育て、ほくそ笑む側に居る者たち或いはそこに居ると思いたい者たちの思惑通り、 時代は引き続き淀み続けることとなる。大声を張る必要はないが、少ない、いくら小さい影響とはいえ、小さいからこそチャンスを放棄してはならない、 結果は結果として受け入れなければならないが、参加せぬものに蹂躙される現状に歯がゆさとともに、無力感と言ってしまっては同じことになってしまうが、 やはり大いなる憤りと多少の情けなさを感じてしまう。

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
  「アキノキリンソウ」という名前は、「キリンソウ」と似たような黄色の花を秋に咲かせることからつけられたという。さて「キリンソウ」はというと、 ベンケイソウ科の植物で、5〜8月に咲くとのことだ。また、「アキノキリンソウ」は別名「アワダチソウ」とも呼ばれ、これは、 花が泡立つように咲くからということらしい。日本全域の里山から亜高山帯までに分布する。ちなみに、葉は細長い卵形で縁に刻みがあり、 根元近くの葉は柄にヒレがある。若い芽、葉、花は山菜として天婦羅、御浸し、和え物などにして食され、また、民間療法においては全草を煎じた汁が、頭痛、 解熱、利尿などに使われる。生薬名は「一枝黄花(いっしおうか)」。…ほぼ、引用…


更新情報
2021.11.10  『四季TMP』 … 選挙などどこ吹く風のキバナコスモス優雅に靡く(投票所前にて)
2021.11.10  TMPネットマガジン『えんじょい工房』2021年11月号(Vol.216)をアップ。
2021.11.10  ほぼ月刊『YAH!』…11月号【No.30】PDF版…「昭和の沁みる唄」など。
2021.11.10  ブログ『えんじょい工房-TMP』を開設しています。