こんな映画を観てきた[48] お熱いのがお好き

     お熱いのがお好き
       [SOME LIKE IT HOT](1959/米 監督…ビリィ・ワイルダー)

 女装してギャングから逃げているジャック・レモンに金持ちのお爺さんが惚れてしまって、あげく求婚するに至るが、いろいろ言いつらねて逃げようとするも、全てを許そうとするこの老人に対してついにかつらを取って
   「俺は男だ」
 それでもこの老人挫けず、こう続ける
   「完全な人間はいない」
 恐れ入りました…モーターボート上でのラストシーンだった。
    (和田誠著『お楽しみはこれからだ』より)

 ビリィ・ワイルダーにジャック・レモンとくれば、もうなんでも面白いわけだが、『アパートの鍵貸します』と本作はその双璧といえるのだろう。もっとも個人的には、マリリン・モンローとトニー・カーチスが束になってかかってきても?シャーリー・マクレーンが共演とあれば、作品として前者には到底かなわないが…
 その昔、市内観光バス(「グレイライン」と言ったか?)でハリウッドを訪れた折(過去にトラブルがあったらしく、住宅地はノンストップだったことを覚えている)、「こちらが、あのビリィ・ワイルダー監督のお宅です」との案内があったような…こちらの思い込みによる聞き違えかもしれないが、そう聞こえた。

こんな唄に出くわした[20]    酔いしれて

     酔いしれて

    作詞:音羽 たかし
    作曲:高寄 潤
     歌:岸 洋子

  恋に苦しみ 恋に泣いて
  恋に狂った 私なのに
  恋のせつなさ 恋の甘さが
  今夜も私を 酔わせるの
  忘れられるものなら
  こんなに 飲みはしない
  愛した私が 悪い
  熱い口づけに 酔いしれながら
  何時か眠った すぎし夜よ

  恋の未練に 心乱れて
  眠る夜毎の 夢にさえも
  あなたの優しい 甘い言葉が
  今夜も私を 酔わせるの
  何時か逢えるものなら
  こんなに 飲みはしない
  愛した私が 悪い
  熱い口づけに 酔いしれながら
  何時か眠った すぎし夜よ

 岸洋子の唄にしてはイメージが広がらないというむきもあるかもしれない、彼女ならもっと〝愛〟を高らかに歌い上げてしかるべし…との声があるかもしれない。ちあきなおみの歌唱を見つけて、こちらも聴いてみた。全く違った雰囲気世界観で、どちらがどうということでは毛頭ないが、これはシャンソンではなく、一方は思い切り歌謡曲ということなのか、いずれせよどちらもそれぞれ違った道を通って沁みてきた。

こんな映画を観てきた[47] エマニエル夫人

   エマニエル夫人
[EMMANUELLE]
(1974/仏 監督…ジュスト・ジャカン)

 その昔まだ学生の頃、友人と二人で渋谷の映画館で女性客優勢の中、通路に座り込んで観たことを憶えている、“ポルノ映画”というレッテルを外したところで、女性客がどっと映画館に訪れた。後に旅行をした折、ミュンヘンの映画館で改めてドイツ語吹き替えのものを観た(やけにせりふ回しの歯切れが良かった、なにしろドイツ語だもの)が、はねてあかりが灯ったその時の情景、観客の殆どがおじいさんであったことをこれは強烈に記憶している。ストーリーやそのテーマに関する探究?などここで展開するつもりは毛頭ないが、シルビア・クリステルの可憐さと妖艶さが際立っていたことだけは否定しない。
 得体のしれない老人マリオ(アラン・キュニー)がエマニエルに教えを垂れる。「エロチシズムとは感覚ではなく精神だ」(『お楽しみはこれからだPART4』=和田誠著)何だかよくわからないが、とにかくご託宣なのであろう。アジア蔑視の匂いプンプンで、共感も納得もするところはないが、映像だけはやけに綺麗だったことが印象に残る。

こんな唄に出くわした[19]    暗い港のブルース

   暗い港のブルース

 かねてよりよく閲覧させてもらっているサイトにて、こんな曲に突如出くわした!いろいろな人が唄っているようだが、聴き比べてザ・キングトーンズの持ち歌といえるのだろう、あのやけに甲高い声がよく沁みる…

   作詞:なかにし礼
   作曲:早川博二
   唄: ザ・キング・トーンズ

  いとしいひと あなたはいま
  名前さえ告げずに 海にかえるの
  白い霧に 目かくしされ
  遠い船の汽笛 ぼくは聴いてる
  かりそめの 恋をさけんだけれど
  あふれくる 涙 涙 涙
  切れたテープ 足にからめ
  あなたの影を追う 暗い港

  さよならは 死ねというも同じ
  枯れはてた 涙 涙 涙
  不幸色した ランプゆれて
  あなたを今日も待つ 暗い港

 サイトによると、原曲は洋楽のインストゥメンタルかと思ったら、日本で生まれたもので、作曲はトランペット奏者であったという、いかにもといった趣である。演歌などではもちろんなくて、ムード歌謡というのもどうかと、とにかく歌謡曲といってしまっていいものかと思ってしまう(歌謡曲結構なのだが…)。確かに洋楽ではない、かといって…とにかくよくわからないが珍しいものに行き当たった。

こんな映画を観てきた[46] 裏窓

   裏窓
[REAR WINDOW]
(1954/米 監督…アルフレッド・ヒッチコック)

 ヒッチコック、個人的にはちょっと苦手な監督さんではある。どちらかというと謎解き寄りが好みで、『サイコ』、『鳥』、『ファミリー・プロット』といい、とにかくこの人の〝スリラー〟は深くも怖い。ユーモアたっぷりというところがかえって怖さを募らせる。ここはとにかくタイトルに魅かれるばかりである。
「結婚は理性的にしたい」
「理性ほど人類に有害なものはないわ」
  (『お楽しみはこれからだ4』(和田誠著)
 足を骨折して療養中の主人公(ジェームズ・スチュアート)と通いの看護婦(士)の会話である。彼と素敵(すぎる!)な恋人(グレース・ケリー)とのことをもどかしく思ってのやり取りだが、こういう皮肉がヒッチコックはお好きなようだ。まず主人公を狭い空間に閉じ込めておいて(動けない…)、退屈しのぎの〝のぞき見〟から、どんどん殺人事件に引き込まれていく。

こんな歌を聴いてきた    小さなスナック

   小さなスナック

     作詞:牧 ミエコ
     作曲:今井 久
     歌:パープル・シャドウズ

  僕が初めて 君を見たのは
  白いとびらの 小さなスナック
  一人ぼっちのうしろ姿の
  君のうなじが やけに細くて
  いじらしかったよ

  僕がその次 君を見たのも
  バラにうもれた いつものスナック
  ギターつまびく 君の指さき
  ちょっぴりふるえて つぶやくようで
  かわいかったよ

  僕が初めて 君と話した
  赤いレンガの 小さなスナック
  見つめる僕に ただうつむいて
  なにもこたえず はずかしそうで
  抱きしめたかった
  今日も一人で 待っているんだ
  君に会えない さびしいスナック
  キャンドルライトに 面影ゆれる

   ※どこへ行ったの かわいい君よ
    忘れられない※

 その昔、大昔、グループサウンズ時代のヒット曲である。さすがに令和の今、〝スナック〟と口にするのもなんとなく気恥ずかしいような気持になるが、それでもどっこいスナックは生き続けているようだ、とんとご無沙汰だが…酒が飲めて、軽食がとれる、そんなことが定義かもしれないが、別の少し時代が下った頃の〝ムード歌謡〟の歌詞に「日比谷をまわって寄ったスナックサロン」(『恋の銀座』ロス・プリモス唄)などというものがあって、こうなるとどんな店なのかさっぱりわからない。
 さてこの唄、わかりやすいメロディーにほとんど意味のない(深みのない?)歌詞なのだが、イントロのギターで半ば大成功な曲といえるかもしれない、やはりとにかく沁みるのだ。

こんな映画を観てきた[45] いそしぎ

いそしぎ [The Sandpiper]
(1965/米 監督…ヴィンセント・ミネリ)

 なんといっても、この作品は本編よりも音楽である…それは言い過ぎとして、当時、夫婦だったエリザベス・テイラーとリチャード・バートンの、結婚後の初の共演作ということで何を見せられているのかという気がしないでもない(鑑賞したのは既にリバイバルで、状況は変化していた)が、主題歌『シャドウ・オブ・ユア・スマイル』はアカデミー賞の歌曲賞を受賞したこともあり、深く印象に残るところとなり、今では、すっかり〝スタンダード〟扱いである。
 画家のローラの前に現れて、彼女を愛することになった男は、妻子ある牧師で息子の学校の校長だった…というお話だ。
 エリザベス・テーラーといえば、40年以上も前のことになるが、生でご尊顔を拝したことがある。リリアン・ヘルマンの戯曲で、『リトル・フォクシーズ』というタイトルであったと記録にはあるが、内容はもちろん霧の中だ。ただ、お安い席で舞台からははるか遠く、辺りがけっこうな空席で、劇場のスタッフから前の方に移動するよう促されたにもかかわらず、それでも表情まではうかがえない、その肉声のキーの高かったことだけはかすかに覚えている。芝居がはねた後、ホテルに戻って、この話を日系人のホテルマンにたとたどしく何とか伝えたら「ラッキーだったね」と言われたが、どうやら彼は私がヴィクトリア・パレスで女王を見たと思ったらしい…、これもまたこちらの思い違いか、いずれにせよ遠い昔のことである。

こんな歌を聴いてきた    さらばシベリア鉄道

   さらばシベリア鉄道

     作詞…松本 隆
     作曲・歌…大瀧 詠一

  哀しみの裏側に何があるの?
  涙さえも凍りつく白い氷原
  誰でも心に冬を
  かくしてると言うけど
  あなた以上冷ややかな人はいない
  君の手紙読み終えて切手を見た
  スタンプにはロシア語の小さな文字
  独りで決めた別れを
  責める言葉探して
  不意に北の空を追う
  伝えておくれ 12月の旅人よ
  いついついつまでも待っていると

 一生に一度は挑んでみたい〝路線〟と想っていたが、想い続けて半世紀を過ぎてしまった。また、宮脇俊三の『シベリア鉄道9400キロ (角川文庫) 』を読んで、おなか一杯、これはよほどの意志と覚悟がないと無理、ましてや昨今の世界情勢はさらにその困難さを増しているが、これはまあ言い訳で、要するに一週間以上の継続した移動は体力的、かつ経済的にも難しいこと極まりなし…というわけで諦めた、とりあえず・・・
 唄について、太田裕美の歌唱をかつてよく聴いていたが、自分で口ずさんてみると、明らかに?大瀧詠一になってしまう(少しだけメロディも違っているような)…やはり歌の情景としての拡がり、奥行きはこちらであろうと再確認するところだ。それにしても、8泊9日(現在のスピード、所要時間はわからないが…(、ウラジオストックから、バイカル湖、ウラル山脈を越えて欧州に入り、モスクワを目指すこの長い移動、ひと言で旅などと生易しく表現できない、現実として耐えられるかどうか、全くもって自信がない。

こんな唄に出くわした[18]    恋の雪割草

   恋の雪割草

 西国生まれにとって、馴染みのある花ではない。オンタイムの記憶はないが、最近になってこんな唄に出くわした。

  恋の雪割草

     作詞:山口 洋子
     作曲:猪俣 公章
     唄 :藤 圭子

 あの人がいなくなる この町捨てて
 ほの白い雪あかり しばれる両手
 祈るように聞いてみた 春には逢えるのと
 肩にちらちら嘘と一緒に
 雪は舞うばかり

 細い道しんしんと 雪は降り積もる
 たたずめば鐘の音 かすかな汽笛
 もう二度と恋なんか しないと誓っても
 寒くないかと聞かれたらまた
 胸がじんとする

 泣きながら手をふった ちぎれるように
 目の中を遠ざかる やさしい笑顔
 今日からは一人ぼっち さみしい雪割草
 夢をひっそり抱いて咲いている
 北の遠い町

 遠い、遠い昭和の唄である。こんな詞が沁みるのは、おじさん、いや相当な〝時間〟を引き摺ったきりの、おじいさんだけかもしれない。「しばれる」、「汽笛」、「ひとりぼっち」の「雪割草」とくれば、現代では全く通用しないシチュエーションなのだろう。藤圭子はまごうことなき当時のアイドルであったが、ヒット曲が凄まじ過ぎてこの唄までに辿り着かなかったか、それともそれらの間に埋没してしまったか、ほぼ記憶になく、令和になって出くわしたというわけだ。それにしても雪割草とは、可憐というより可哀そうなイメージがここでは漂うが、深雪と馴染みのない身としては、春の気配を感じさせる花と、その字面から読み取るばかりだ。

こんな映画を観てきた[44] 哀愁

   哀愁
[WATERLOO BRIDGE]
(1940/米 監督…マーヴィン・ルロイ)

   「戦地は極限状態だ。次の瞬間何が起こるかわからない」
   「内地でも思いがけないことが起こるわ。私たちがこうして出会ったように」
                (和田誠著『お楽しみはこれからだPart3』より)

 この原題でもあるロンドンはテムズ川にかかるウォータールー橋、大昔〝聖地巡礼〟として?訪ね、徒歩で渡ってみた。既に近代的な姿で、背景もそうだが、映画の面影はなかったと記憶している。
 恋人(美男の代表=ロバート・テーラー)の戦死の知らせで捨て鉢になったヒロイン(美女の代表=ヴィヴィアン・リー)は身を落としてしまうが、偶然の出会いの後、この橋の上で軍用車の列に飛び込む。冒頭は彼らが出会ってまもなくの会話である。
 ちなみに、劇中キャンドルライトの中でダンスをするシーンで使われていた曲が「別れのワルツ」で、これが日本に伝わって「蛍の光」となったのであるが、卒業式だけでなく駅のプラットホームや船の出港の際に流れ、デパートの閉店時間に流れ、果てはパチンコ店、それからそれから…、それぞれ〝お別れ〟のシーンで使われている、が、映画好きとしては少々興が冷めるか?!