作成者別アーカイブ: wpmaster

みせかけのふるさと

 選手をリクルートで集め、そうした〝エリート〟の蔭で、スタンドから必死の応援を続ける正真正銘地元出身の非レギュラー選手たち、見る側の勝手な思いであって、当人たちに邪念はない…ことを願ってやまないが、一抹の切なさはやはり残る。高校野球は部活動なのか、それとも広告戦略の一環なのか、言われて久しいが、核心に触れようとすると、どこかしらからの圧力なのか、相変わらずのタブー扱いである。試しにわがふるさとの代表校の出身中学を見てみると、こうした行為自体が野暮なことと言われそうだが、とにかく見てびっくり、登録メンバーの殆どが他県出身であり、界隈の生徒というのはほんとうに数えるほどなのだ。それでも「おらが国さの代表」と声援を送るべきなのかもしれない。そういう自分だって、ふるさとを離れて既に半世紀、「あれはふるさとではない」などと批判めいて言う資格などない…ということなのだろう。そもそもそうしたエリートを何かしらの方法で集めて作ったチームと、基本的に学校近辺だけでできているチームが同じ舞台で競うこと自体、大いに違和感を覚えるが、全国を見てもその戦力に昔ほどの格差がなくなって、それぞれの地方も応援のしがいがあるというもの…とはやはりどうしても割り切れないのである。

こんな映画を観てきた[28] 愛の讃歌

愛の讃歌[Piaf](1974/仏 監督:ギイ・カザリル)

 第一次大戦さ中の一九一五年十二月十九日。パリの舗道にひとつの生命が生み落とされた。父は大道芸人のルイ・ガルシオ、母はリーナといった。生まれた子はエディット(ブリジット・アリエル)と名付けられた。
 やがて、「アコーディオン弾き」の曲が流れ、深い悲しみに充ちた声が流れ出た。呆然と聞き惚れる客席の関係者たち。エディット・ピアフは、ここに栄光と悲惨が渦巻く偉大な歌手への第一歩をしるしたのだ。
 その、「名付けられ」てから、「やがて…」までの、まさに波乱万丈たる人生模様のお話である。まあこのての作品は、エンディングにタイトルでもあり、〝大成功〟となったこの曲が流れれば、だいたいうまくいくことになるのだが、ヒットしたかどうか、あまり記憶がないが、そもそも成功者のことを描くわけで、うまくいって当然といえが当然のことなのだろう。

こんな映画を観てきた[27] サイレント・ランニング

   サイレント・ランニング[Silent Running](1972/米 監督:ダグラス・トランブル)

 地球上の植物が絶滅してしまったのちのお話。
 わずかに宇宙船のドームで緑の草花や木々が育てられているだけだつた。乗り組んでいる植物学者フリーマン・ローウェル(ブルース・ダーン)を除いて、他の3人の乗組員は早く帰還したがっていた。ある日、地球からドームを爆破して帰還せよという命令が下るが、しかし、ローウェルは悲しみ、怒り、ドーム爆破の準備をしている3人を殺害てしまう。彼は小型ロボット(これが実に可愛らしい)をプログラムし直し、植物育成の手助けをさせる。その後、地球の宇宙船が救出にやってくることになった。もはや逃げられぬと悟ったローウェルは、ロボットに後を託してドームを宇宙空間に発射し、事故に遭って動けなくなったもう一体のロボットと共に運命をともにすることにし、自らの宇宙船を爆破した。ドームでは別のロボットが草花にせっせと水を与えている。
 SFというのは、あまり好きなジャンルではないが、別格としたいのが、『2001年宇宙の旅』(別格過ぎて、ここにあげるのもおこがましい…)とこの『サイレント・ランリング』、どうやら個人的にはいわゆる〝ドンパチ〟のアクションというものが苦手ということなのかもしれない。人類の未来に希望を残す…というのが最大のテーマだったのかもしれないが、『2001年…』ほどの壮大さはなく、生命輪廻?の哲学性?も感じさせない〝コンパクト感〟が好ましい一作ではあった。

こんな唄に出くわした[7] -この…駅で-

   この…駅で
      作詞:大津あきら
      作曲:浜圭介
      歌 :石井聖子

   たそがれの人並みを 眺めながら
   混み合う駅で あなたを待ってた
   急ぎ足であなたが 駆け寄るたびに
   胸が震えたの
   一緒に暮らそうって 抱き寄せた夜さえ
   遠い幸せになるなんて

     あなたでなくちゃ 愛せない
     他の人には 飛び込めない
     今でも変わらない 私を
     そっと知らせたいの この駅で

   思い出が行き過ぎる 改札口
   悲しいくらい あなたに会いたい
   ここにいると思わず 涙がこぼれ
   うずくまりそうよ
   我がままな生き方しか 出来ないからって
   最後に笑って告げたけど

     あなたでなくちゃ 愛せない
     他の人には 飛び込めない
     泣いてもとめどない 私に
     気付いてくれたなら この駅で

     あなたでなくちゃ 愛せない
     他の人には 飛び込めない
     今でも変わらない 私を
     そっと知らせたいの この駅で

 2011年6月発売というから、さほど旧いものではないが、〝昭和の匂い〟プンプン!で、10年を経て突如出くわしたところ、よく沁みたというわけだ。偶然にもこの唄を聴くことになる直前、坂本スミ子の『たそがれの御堂筋』というのを何十年かぶりに聴いてみて、〝沁みる唄のリスト〝に入れておこうと決めたところで『この…駅』に至ったのだが、実の母娘だそうで、現在は亡くなった父親のあとを継いで代表取締役、つまり実業家ということらしい(ウィキペディアによると)。いつも思う、飛行機の別れはあっけなさ過ぎて、船は逆に実に未練がましい…そこでやはり駅、冷酷にも、時刻表通りにドラマは動き、「夜霧に消えゆく最終列車」であってこその別れに相応しい舞台である。

それでも、世の中変わらない

 何があっても、どうしても現状を変えたくない〝意識〟が幅を利かせ、重苦しい〝空気〟が淀み、結局何も変わらないことになってしまう。風も川の流れもむなしいばかりだ、決して諦めたくはないが…
 変化を拒むことは嫌悪よりもむしろ怖れなのかもしれない。どんなに楽しいゲームでも長く続けると、やはり飽きる(定番化しても、熱狂することはない)。とにかくただただ怯えることは〝停滞〟につながり、やがて淀む。そこに許容はしないまでも、諦めが生じ、それを支持されたと言い張るものたち、利用されるがまま、それは悪用への大義名分とされてしまうのである。それでも諦めたくはない、だから唯一の?権利だけは行使したいと思う。声張り上げて行進するだけが〝参加〟ではないはずだ。見て見ぬふりするものに批判する資格はないが、参加するものの足を引っ張ることは〝罪〟だ、誰かの都合の良い存在にだけはなってはならない!

堰を切ったように…

 タガが外れたのは、あくまでも恣意的に堰を切ったからで、街に溢れる人波のせいではない、それは結果なのだ。大使館に観光ビザの発給を求めて大勢が並んでも、「何を愚かな…」というのは勝手だが、これもまた〝成り行き〟というべきだろう。検証、判断の順番を間違えると誰かは喜ぶか胸をなでおろすかもしれないが、〝自己責任〟などというおぞましい言葉がまたまた巷を跋扈することになりかねない。
水の流れは止められないし、その勢いを削ぐことはまた別のところに無理を生じさせ、新たな問題が発生しかねない。ただ、客観的な視点は必要であり、ある種の行儀良さを忘れなければ事態は鎮静に向かうだろうとは思う。そのためにも、正確で、煽りのない冷静な情報の提供、受取が欠かせない。

こんな映画を観てきた[26] 恐怖のメロディ

   恐怖のメロディ[Play Misty for Me](1971/米 監督:クリント・イーストウッド)

 ラジオ局のDJ(クリント・イーストウッド)が精神異常の女(ジェシカ・ウォルター)につきまとわれて恐ろしい状況に追い込まれるというサイコミステリーである。これがイーストウッドの第一回監督作品なのだが、個人的には、これが彼の最高作品ではないかと密かに(勝手に)思っている。この女がいつも決まってリクエストしてくるのが『ミスティ』、シカゴ上空から夜景を見て出来た曲だというが、とにかく名曲で、その後ジャズといえばこの曲を…ということ(あくまで個人的に)になった。それはともかく、「かわいさ余って、憎さ百倍!」本人はおろか復縁を望む妻にまで恐怖が迫る、油断大敵(身から出た錆という要因も少し?ある)、ちょっとした緩みは大きな災いの元、くわばらくわばら…である。

こんな唄に出くわした[6] -倖せはここに-

   倖せはここに
     作詞・作曲:大橋節夫

  秋の夜は更けて すだく虫の音に
  疲れた心いやす 吾が家の窓辺
  静かにほのぼのと 倖せはここに

  星のまばたきは 心の安らぎ
  明日の夢をはこぶ やさし君が笑み
  静かな吾が窓辺 倖せはここに

  静かに静かに 街の灯もきえた
  遠い空見てごらん 明日の夢がある
  小さな小さな 倖せはここに

 その昔確かに聞いたような記憶はある、当時既に〝懐メロ〟の扱いであったような気がしているが、とにかく、聴いていて心地よい唄である。明らかにハワイアンなのだが、そんなこととは関係なく、何度続けて聴いても飽きない、歌詞も曲も何処にも障ることなく、ずっと聴いていられる〝唄付きのイージーリスニング〟なのだ。BEGIN の比嘉栄昇のものも聴いてみたが、これもまたゆったりとした時間の流れに身を任せられて落ち着く…まさに幸せなひと時を得られるというわけだ。

こんな唄に出くわした[5]  -町の酒場で-

   町の酒場で
   作詞・作曲・唄:浅川マキ

  町の酒場で 酔い痴(し)れた女に
  声をかけては いけない
  どんなにあんたが 淋しいときでも
  昔あんたが 恋した人に似ていても
  声をかけては いけない

  町の酒場で 酔い痴(し)れた女に
  声をかけては いけない
  たとえあんたが 旅の途中でも
  早くこの町を 発(た)ちなさい
  あんたの行く先 いい事あるだろう

  町の酒場で 酔い痴(し)れた女に
  声をかけては いけない
  どんなにあんたが 淋しいときでも
     【 1973年11月発売 】

 何をかいわんや!浅川マキの名曲(恥ずかしながら当時の記憶なく、ネットによると、どうやらそういう事らしい…)である。 舞台は場末であっても、決して下品でなく、そっけなくても、それでいて限りなくやさしい…
 発売当時は未成年でもあり、さすがに、こういった場所への出入りはなく、こんな人間関係に触れることもなかったが、もう5年、いや10年後ろに時代がずれていたら、きっとどっぷりとこの雰囲気に浸かっていたろうにと思うのである。

こんな映画を観てきた[25] ベニー・グッドマン物語

   ベニー・グッドマン物語[The Benny Goodman Story](1955/米 監督:ヴァレンタイン・デイヴィス)

 ベニー・グッドマン(スティーブ・アーレン)の楽団がステージで演奏している。客席で母親と恋人が並んで座っている。母親が「あの子は口下手で、もうプロポーズはしたの?」、それにこたえて恋人のアリス(ドナ・リード)が言う「今、していますよ」、いかにもアメリカ的なエンディングである。
 この類の作品はだいたい成功する。もともとのモデルが成功者なわけだから当然ではある。その代表が『グレン・ミラー物語』だとすると頷けないか?!『愛情物語(エディ・デューティン物語)』も同類だと思うが、こちらは〝成功物語〟というよりは、むしろより複雑な人間ドラマで、ちょっと異質かもしれない。