カテゴリー別アーカイブ: 未分類

こんな映画を観てきた[22]  「ウィークエンド・ラブ」

   ウィークエンド・ラブ[A TOUCH OF CLASS](1973英 監督:メルビン・フランク)

 スティーブ(G・シーガル)はアメリカ人、保険会社勤務、生活程度は中流の上、結婚十一年、ビッキ(G・ジャクソン)は離婚を体験した子持ちの才女。お茶、昼食、そしてウィークエンドへと、二人の交際はエスカレートしていった。澄んだ空気、あたたかい風、おいしい料理があるところ、というビッキの望みでジブラルタルが見えるところへ…。
 これが、スペインはマラガというところで、その昔(1982年)“聖地巡礼”ではないが、自分もここから海峡を望み、できればモロッコに渡り、タンジールから列車でカサブランカを目指そうかと思ったのだが、時にサッカー・ワールドカップ・スペイン大会、その熱狂ぶりに“怖れ”をなして?アフリカ大陸上陸を断念してヴェニスからパリ、そしてロンドンに向かった。イタリアが優勝し、準優勝は西ドイツ、ロンドンのトラファルガー広場界隈には双方に関わりのあるお店があって、試しに覗いてみると、当然の温度差だったが、いずれも近寄りがたいことだけは確かだったような…
 映画では“大人の分別”のもと、「また明日から変化のない生活が始まるのだ、それが人生ならばしようがない」として、エンドマークとなるのだが、そのわりに決して辛いばかりの“終わり”ではなかったような記憶がある。グレンダ・ジャクソンがこの作品で2度目のアカデミー賞(主演女優賞)を受賞した

こんな歌を聴いてきた  「新宿サタデー・ナイト」

   新宿サタデー・ナイト

 森進一の次と言えば、青江三奈である。『池袋の夜』が“ご当地ソング”といわれるもの中では彼女最大のヒット曲かもしれない(『伊勢佐木町ブルース』、もしくは『長崎ブルース』だったかも?確証はない…)が、それほどでもなかったか、新宿を唄ったものもあって、こちらもなかなかに沁みる唄であった。その名も『新宿サタデー・ナイト』といった。

   作詞 佐伯 孝夫
   作曲 鈴木 庸一
   唄  青江 三奈

  キスしたのあなたは わたしの心に
  ひとりではいられない 女にしたの
  星までも流れるの 待ちかねて探すよに
  好きよあなた 好きよあなた
  サタデーナイト サタデーナイト
  新宿の夜

 二番の歌詞に、「さよならと乗ろうかな 最終の長野行き だけどあなた・・・」とあってまさに新宿駅(国鉄・中央線)とその界隈の雰囲気満点である。平成を越えて、すでに当時の趣きはさらさらないが、それでも繰り返し聴いても決して飽きない完成度である。ただし、唄うとなると、相当に我ながら相当に“気色の悪い”ことになること必定だ!聴くに留めておこう。

こんな映画を観てきた[21]  「ジョーイ」

ジョーイ[SOMETHING FOR JOEY](1977米 監督:ルー・アントニオ)

 スポーツ、子供、そして病気…これだけそろえば泣かずにはすまされない!そんな“卑怯な”映画である。
11歳の末っ子ジョーイ(ジェフリー・ライナス)が、白血病で余命数ヵ月だという。兄のジョン(マーク・シンガー)や家族にあたたかく見守られる中、ジョーイは少しずつではあるが、一旦は回復にむかう。ジョンの試合にも行けるようになったジョーイは、ジョンに誕生日のプレゼントをねだる。「1試合に4つのタッチダウン」とジョーイ。ジョンは何かに憑かれたように走り、その年のハインズマン・トロフィー受賞者に。そしてニューヨークでの受賞式で彼は言う「僕が戦うのはフットボールの時だけです。しかし、弟のジョーイは不治の病いと戦っています。このトロフィーはジョーイが受けとるべきです…」と。
 それから3年後、ジョーイは静かに亡くなった。
 実話らしいが、悲劇を悲劇に終わらせず、大いなる?感動の結末に誘う、いかにもアメリカ的な筋書だと言っていいだろう。封切り当時、新宿駅東口の新宿武蔵野館で観た。割合女性客の多い作品を懸けることの多い映画館だったと記憶しているが、その折も終了後、目に一杯涙を溜めた(泣きはらした)男が一人、明るいエレベーターで若い女性に囲まれて一階におりるのがなんとも恥ずかしかった…<K>

こんな歌を聴いてきた 「人を恋うる唄」

   人を恋うる唄

 “ど演歌”である!
 そして、どうみても、〝昭和〟である!
 更に、「妻をめとらば才たけて」のあの懐メロで有名なものではない(こちらも十二分に“懐メロ”だが…)。

     作詞 たか たかし
     作曲 岡 千秋
     唄  森 進一

   露地にこぼれた 酒場の灯り
   しみてせつない 放浪(なが)れ唄
   おまえがそこにいるならば
   リラの花咲く町もいい
   汽笛聞こえる港(まち)もいい

 1984(昭和59)年のリリースだそうで、“沁みる”いい唄だと思うが、調べてみると、同年、『北の螢』という名曲が出るに及び、すっかりその陰に隠れてしまったか、当時の記憶がない。ちなみに、管理野球を打ち破って、阪神タイガースが日本一になった前年のことであり、記憶にないのはそのせいもあるのかもしれない。<K>

夢は夜ひらく

 “圭子の・・・”とあれば、もちろん藤圭子だが、ここは園まりを聴いてみたい。この人の声は、ただ甘ったるいだけで、聴きようによっては気持ち悪いだけだ…などという声も聞こえてきそうだが、たまに聴くと、はまってしまうというか、『何にも云わないで』、『逢いたくて逢いたくて』、『帰りたくないの』等など、とにかく癖になるくらい聴きつづけたい声なのである。

   雨が降るから 逢えないの
   来ないあなたは 野暮な人
   ぬれてみたいわ 二人なら
   夢は夜ひらく

 権利問題など、複雑な事情が絡んで、だれが作った唄なのかわけがわからないが(調べればはっきりするのだろうが…)、1966年だというので、この唄自体が間もなく“還暦”を迎え、もうどうでもいいだろう。一晩中(は大袈裟か…)聴いていても、好き嫌いを超越して、決して飽きない一曲だ。

そして、瓦礫が残った(遺った)…

 “起死回生”を目論んで強行したはずのオリンピックが終わった。とても無事に…などという結果ではないだろう。何かの番組で、「感激と興奮の祭典が終わって、後に“瓦礫”の山が残る(遺る)、誰がそれを片づけるのだろう」、と或るコメンテーターの発言である。日々の状況をみても“乾坤一擲”の大勝負に失敗、そう言わざるを得ないだろう、責任者は文字通り無責任では済まされない。
 祭のあとの静けさ、気だるさは詩になるが、騒乱の後の狂乱、大勢の啼くものと蔭で嗤うもの、格差は開き、世は分断がさらに進むのだろう。一時的な事であってほしい、そう信じたからこそ我慢もできた。ところが、今となっては誰も信じられない、指示、指導などもってのほか、誰がそんなこと聞けるものか…
 “自己責任”は当然だが、「酔いをさましに出た頬に そっといとしむかわやなぎ こんな情けが 人にもあれば」なんて古い演歌の歌詞が妙に心に沁みて、もっと何か手があったろう、今からでも遅くない、策はあるだろうと思ってしまうのだ。

東京

こんな唄を聴いてきた、
恥ずかしながら唄ってもいた…

   作詞・曲 森田 貢
   歌 マイペース

  最終電車で 君にさよなら
  いつまた逢えると きいた君の言葉が
  走馬灯のように めぐりながら
  僕の心に火をともす
  何も思わずに 電車に飛び乗り
  君の東京へ東京へと出かけました
  いつもいつでも夢と希望をもって
  君は東京で 生きていました
  東京へはもう何度も 行きましたね
  君の住む美し都
  東京へはもう何度も行きましたね
  君が咲く花の都

 東京、ひいては東京駅を主な舞台とした唄には、あの、CMで一世を風靡し、今でも年に一度は聞かされる曲の方が有名かもしれないし、売れたのだろうが、個人的には断然にこちらである。昔々「東京ラプソディ」なんてものもあったが、そう、東京は〝花の都〟だったのだ。田舎にいたころ、テレビのニュースでおしまいの5分くらいになるとそれぞれの地方局のスタジオからのローカルニュースということになる、これがいやだった。東京に来て(もう半世紀にもなるが…)、ローカルニュースもまた東京のスタジオから首都圏のニュースを伝える、これが実に心地良かった記憶がある。インターネットに“支配された”現代では、こんな事はすでになんの意味も持たいないのかもしれないが、家を出て、東京に出るというのはそれなりに夢も希望も、そして覚悟もあったのだ。

正直者が馬鹿を見る… それでもいいが

 コロナ、オリンピック、選挙(東京都)で、また賑やかなばかりで、中身のないむなしいだけの時が移っていく。報道から流れ来るものは何もかもが矛盾だらけ、〝上〟からのプレッシャーは行儀の良い者のみにのしかかり、そうでない者はどこ吹く風ということになる。するとそれまで行儀の良かった者たちが疲れ切って、楽な方にその考えも流れゆく、よって、世は無秩序状態に陥り、とりかえしのつかない出口が待っている。
 それぞれの事情やら都合が優先し、人は選挙に行かず、もって、低い投票率で、投票した人の意志というより行かなかった人たちの〝意志〟が反映された結果なのではないか。そうした〝結果〟を都合よく解釈し、支持が高いとか、勝手な解釈を披瀝する薄っぺらぶり、これで、誰が誰のいう事を信じ、従うというのか、対応としては、つまり諦めか無視か…とうことになって、正直者だろうが、そうでなかろうが答えは〝同じ〟なのだ。
 せめて基本的な権利ぐらいは行使しようというぐらいな事しか言えないが、〝軽んじない〟、〝逃げない〟、〝へたな嘘はつかない〟くらいの意識が常識として通用する社会であってほしいと思うのみである。
 それにしても、〝今年開催〟のオリンピックに異を唱える者を〝反日的〟と言ってしまう感覚には、呆れるよりただただ空恐ろしい…

こんな映画を観てきた[20]

旅情[Summertime]
   (1955/英 監督:デビッド・リーン)

 ジェイン(キャサリン・ヘプバーン、38歳…この年齢もまた物語展開の重要な要素だった)は、欧州見物の夢を実現し、ヴェニスにやって来た。一人で見物に出かけたサンマルコ広場の喫茶店で中年の男(ロッサノ・ブラッツィの視線に気付き、あわててそこを去った。

     …

 ヴェネチア・サンタルチア駅、ほんとうに海のうえだ。ヴェネチア・メストル駅からサンタルチア駅まで5分少々、線路と道路だけの海の回廊。街全体が冗談でなく今にも沈んでしまいそう。
 此処には車は走っていない。狭い路地と網目のような大小の運河、従って船か歩きだけが移動の手段で、迷路のような路地を縫うように進むと、広くて大きな教会と広場に出る。石畳にテーブルと椅子が整然と並べられ、その一角では夕方からの演奏の準備が進行中だ

こんな映画を観てきた[19]

合併結婚[Yours, Mine and Ours]
(1968/米 監督:メルビル・シェイブルソン)

 「ルーシー・ショー」でおなじみのルシル・ボールと、「怒りの葡萄」「ミスタア・ロバーツ」のヘンリー・フォンダという異色の取り合わせといっていいのだろう、テレビ放映の微かな記憶があるだけで、実話に基づいたホームドラマ…だというが、そんなことはどうでもよろしい、「ささやかな規則があって、お互い文句を言わないこと、それが、困難を乗り越えられる手立てだ」という台詞だけが正確ではない(どちらが言ったのかも覚えていない)が、心に残っている。そうしたうえで、最悪の事態に備えて、基本的には楽観的に生きるということか、解らないでもないが…
資料によると、海軍に勤めていた夫が死んだので、ヘレン・ノース(ルシル・ボール)は、夫の思い出のない所で新しい生活を始めようと思い、残された8人の子供とともにサンリアンドロに向かった。一方、原子力空母エンタープライズの乗組員のビアズレイ(ヘンリー・フォンダ)は、妻に先立たれ、これまた10人の子供の面倒を見なければならなくなり、空母を下り陸上勤務に変わった。この二人というか二組が結婚、これがまさに“合併”ということなのだろう、当然様々な問題が起こるわけで(だから映画になる…)、結論からいうと、いかにもアメリカ映画的にハッピーエンド、つまりは困難を乗り越えていった…というもの、“ささやかな規則”と“懐深い許し(寛容とでもいっておこうか…)”、これさえあればなんでも上手くいく…はずだという作品であった。