こんな歌を聴いてきた    ドラマ・必殺シリーズより

 『旅愁』(西崎みどり)という歌が好きで、ユーチューブの『MFS』(私の、大好きな、歌)フォルダに登録している。言わずと知れたドラマ・必殺シルーズのエンディングテーマである。このシリーズはそのほとんどが平尾昌晃の作曲によるものらしく(追跡調査をしていないが…)、試しに「必殺」をキーワードに検索してみると、出てきた…西崎みどりものとしてはもう一つ『流星』、これが前出よりも名曲?で、耳に新鮮な分よく沁みる。
 次に『さよならさざんか』なんてものが出てきて、これは主演の藤田まことの次女(藤田絵美子)による歌唱とのことだが(そうだったかなぁ…)、一向に思い出さないが、改めて聴くと、声も歌い方も独特で、なかなかに趣があって繰り返し聴いてみたくもなる。『さすらいの唄』(小沢深雪)、歌そのものはあまり上手いとはいえないかもしれないが、これもなかなかに沁みてくる。全編にわたってのテーマであるのかもしれない『荒野の果て』(山下雄三 )というものは別として、ここまでは微かに記憶にある。『ついて行きたい 』(テン・リー)となると記憶に欠片もないもが、『あかね雲』(川田ともこ)というのもあっていずれもいい、『必殺フォルダ』に残しておきたい。
 どれがどのタイトルのための曲なのか、それぞれコメントを見ればわかるが、そんなことはもうどうでもよろしい、「仕置き人」なのか、「仕事人」なのか、「仕留め人」「仕舞人」なんてものもあったか…どれがどれやらさっぱりわからないが、やはりどれもドラマの薄い(?)が、(すでに故人となった人も少なくないが…)名優たちの懐かしい記憶とともに結構沁みるのである。
 ほぼ“巣籠り”状態にあってこその“ふり返り”の作業に耽る今日この頃である。