流れのブルース

   作詞…安富 庚午
    作曲…城 美好
    歌唱…森 進一

    川の流れの きまぐれに
    逃げて行きます 幸せも
    こぼす涙が あと追うばかり
    流れ流れの 釧路 札幌雪の町
 
    旅のお方と 知りながら
    故郷(くに)のなまりの なつかしさ
    むせぶ瀬音に かくれてむせぶ
    流れ流れの みぞれ 金沢 主計(かずえ)町

    女命の かがり火は
    燃えてこぼれて ただ一度
    恋のやみ夜に 唇 かんで
    流れ流れの 岐阜は 柳ヶ瀬 別れ町

    酔いをさましに 出た頬を
    そっといとしむ 川柳
    こんな情けが ひとにもあれば
    流れ流れの 京都 木屋町 花の町

    好きでせつない 人の名は
    書いて流して 今夜から
    酒場稼業の 浮草ぐらし
    流れ流れの 博多中州は 浮気町

 “全国縦断型”のご当地ソングである。「金沢・主計町」が目新しい他はなじみ深い場所ばかりではあるが、曲調も重くなく、覚えやすく唄いやすい…かも。森進一の物の中でもビッグヒットとはならなかった唄に、時を越えて“沁みる”唄を再発見している(年のせいだとは思う)。『人を恋うる歌』、『女心』、『雨の桟橋』、『東京みなと』、『放浪船(さすらいぶね)』等など、令和の時代に、深夜、ユーチューブでイヤホン越しにしんみり聴き入っている姿は我ながら珍妙で、いささか納まりが悪いところだが、それもまた愉しからずや…である。