こんな唄に出くわした  「ほろほろと」

   ほろほろと

 作詞者も作曲者もわからない、ただ唄うのは藤圭子。LP『蝶よ花よと』の中におさめられたオリジナルだというが、全く記憶に残っていない。というわけで、昭和の唄ではあるが、聴いてきてはいない、令和になって出くわして、今やけに〝沁みてくる〟のだ。

     古びた唄を口ずさんでる
     女の背中はからかっちゃ駄目よ
     ほろほろとほだされて
     くどかれて捨てられる
     ないものねだりの幸せばかり
     追ってきました
     人生の吹き溜まり

     女の愛は小さいけれど
     裏切りのない心だけ欲しい
     ゆらゆらと浮かぶのは
     行き過ぎた恋ばかり
     なぐさめひとつでやすらぐことは
     所詮悲しい色恋の裏表

     よそ者だけが集まる夜更け
     酔えない酒でもグラスだけあくわ
     よろよろとよろけても
     明日もまた生きるのよ
     未練と思えば良く見えるから
     夢と割り切るねんころり子守唄

 さて、〝ここにきて〟の藤圭子ベストファイブ…『京都から博多まで』(風が冷たい 小雨が重い…これはさすがに知っていた)、『さすらい』(ことば忘れたくちびるは 草笛ひとつ吹けるだけ)、『恋の雪割草』(あの人がいなくなる この町捨てて)、『哀愁酒場』(あなたにやさいく お酒をつがれ)、『新宿挽歌』(街の名前がかわろうと 街の姿がかわろうと)と、このあたりか?『命預けます』もいい、ただ『京都から…』もそうかもしれないが、これはヒットし過ぎで〝今になって、沁みる…〟にはあたらない??ところで、カバー曲にも〝沁みる〟ものが多い。『淋しいから』(中尾ミエ)、『さすらい』(克美しげる)、『波止場町』(森進一)、『池袋の夜』(青江三奈)、『誰もいない』(菅原洋一、『湖愁』(松島アキラ)、『浅草しぐれ』等など、いずれもオリジナルとはまた違った趣で、更によく〝沁みる〟のである。