世の中騒然としている、いや、ただただ騒々しいだけなのかもしれない。もしかすると、目立っては拙い本当に困ったことを、細々した不愉快な事や、 少しばかり明るめの話題で、誰かが誤魔化そうとしているのかもしれない。この“目くらまし”結構効果があって、世間は当座こそ大騒ぎをするのだが、時間の経過をもって、 なんだか面倒臭くなり、やがて忘れてしまう、というよりどうでもよくなってしまう…それこそを待っているやからがきっと居るはずなのだ、どこかに…あの辺りに…。

 インフルエンザがこれまでのペースをはるかに超えて流行している、ところで『豚コレラ』はどうした?『IR』が揺れている、さて、『桜問題』は散ったのか、 すでに関心は次の開花に移ったのか?高校野球の『100球問題』が地方の“弱小”のチームのはるかな夢をさらに遠いものにしている印象がある、さて、『野球留学』 の問題はどこへいったのか?事を整理してそれぞれ慎重に検討、評価、そして対応したいが、整理してくれるはずの機関がこれまた混乱していて、 何をどう受け取っていいのか、当然受ける側も混乱してしまう。せめて、予断を入れずに事実をなるべくシンプルなかたちで表に出して欲しいところだ。<K>

 友達が偉くなったら、“俄か知り合い”ではなく、ここは“親友面”して当たり前のように近づき、あれこれと“世話になる”、浅ましい事とは思うが、 一方で人情事といえなくもない(いやな話だが…)。友達が偉い(権力の中枢、もしくはその近くにある)間こそ、一歩も二歩も退き、 むしろある程度の距離をもつくらいで初めて“友達”といえるのではないか、と常々思っている。
 見返りを期待しての応援はあくまでも取引であって、それはそれで否定はしないが、そこに友情はあってもなくてもよろしい、かといって何も求めない(勝手) 支援というのも、なんだか薄気味悪く、一つ間違うと押し付け、ありがた迷惑にもなりかねない。この辺りはバランスが肝要だが、実に難しいところだ。したがって、 無難という事を考えれば、とにかく必要以上に近づかない事に尽きよう。あえて断固拒否・拒絶することもないだろうが、10年、20年会わずとも友達は友達、 なにもしないならまだしも、友達だから何かをしてあげたり、してもらったりするというのは決して自然なこととはいえない、つながっている事と、擦り寄ったり、 囲い込んだりする事とは別物であると思っていたい。<K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>

 <K>